憑依の原因

憑依の原因に関しては大きく分けて以下の3つの要素に分かれます。

ひとつの場合もあれば、複数に該当する方もおられ、それぞれの要素が複雑に関連しています。それぞれの要素の強度・関連性により憑依の度合いも様々となります。

1.憑依体質

もともと憑依体質の方の場合です。なぜ憑依体質となったのかは様々な要素・原因が考えられます。家系的に憑依体質の方が多い場合も存在します。

幼い頃には誰もが持っている霊感体質が成長しても継続した状況があり、周囲の神仏の影響を受けることにより霊感が更に上昇し、精神的問題・性格的問題も影響して、結果的に憑依体質へと発展する場合もあります。

また、精神的な病からも憑依体質が進行することもあります。

2.精神的な病など

精神的な病や、そこから派生する極端な感情のアップダウンにより、一時的に魂に隙が生じ、そこに神仏が憑依する事があります。一度でも憑依されると、憑依体質が進行していくことが多いのが現状です。

精神的な病の中でも特に躁鬱病(双極性障害)の精神状況は憑依されやすい状況を作りあげることが多く、短期間に繰り返される感情の上下が魂に大きな隙を作りそこに神仏が憑依を繰り返します。

統合失調症の場合は霊感体質の要素も複雑に絡み合っておりますので、憑依が原因か、病気が原因かの判断は難しい領域となりますが、霊視鑑定によりどちらの要素が強いのかの判定は可能です。

3.家系の神仏の問題

家系的に神仏の問題を抱えている場合です。こちらは上記2つとは異なり内的な要素ではなく、外的な要素であり、憑依する側の強さ・本人の霊的な背景が原因で憑依されてしまう場合です。

基本的に神仏の災いは、その家系の家督や長男、跡継ぎ、そして精神的に弱く、取り憑きやすい方を先ず標的にします。

その災いがどのような形・現象で現われるかは、その仕掛ける者の考え次第です。健康面、金銭面、対人関係などで苦しめられる事もありますが、憑依のように憑依霊が正体を現しながら、直に憑依された方やその家族、親族を苦しめていくこともあるのです。憑依は、神仏が自由に表現出来る絶好の場となります。

憑依の症状

憑依の進行

初期段階では、あまり気づかないで生活することが多いのですが、憑依が進行していきますと意識が飛ぶ時間が増えてきます。

はじめは一瞬ですが、それが1分、10分、1時間、半日・・・と時間や回数が増えてきます。中期、長期段階となりますと、憑依霊も人体にだいぶ馴染んできますので、本人の意思とは無関係な言動・行動をしはじめ、周囲の方は一見、多重人格のように思うかもしれません。

憑依霊も本人の真似をし、本人を装うことも多く、普通の方では見抜くことは困難です。憑依で重度になると殆ど本人では無い状態となり、言葉や行動等にも変化が現れます。

例えば女性が男性の口調になったり、食べ物の好みが変わったりと様々です。また憑依する数は1体とは限りません。馴染めば馴染むほど魂の隙間が大きくなり、何万体と憑依することも珍しくありません。

憑依による外観面・心身面の変化

憑依されている方の特徴の一つに『目つきが鋭くなる』ということがあります。これは憑依の初期段階でもある程度みられる現象です。

憑依霊も自分の存在を知られない様に、目つきの鋭さを隠そうとしますが、霊体の性格がそのまま出てしまう事が多く、隠しきれていない場合が殆どです。また、憑依霊が意識的に目つきの鋭さ・変化を隠そうとするために目が泳ぐことが多くなります。憑依が進行している場合、顔が歪んだり、般若の様な形相になったり、目がつりあがってきたりする事もあります。

精神面においては憑依されている人の元々の性格にも左右されますが、憑依が進行している場合は喜怒哀楽が激しくなる傾向があります。複数憑依の場合に特に多く、表に出てくる霊体によって大きく切り替わります。急に怒ったり、泣き出したり、笑ったりする事が多くなります。

憑依と自殺

状態の悪い霊体に憑依されている場合、憑依する側は自分達(霊界)の方へ引っ張ろうとする事があります。実際、憑依が原因で無意識な状況で自殺されてしまう方も存在します。

自身の意識があれば、「まだ生きたい」「死にたくない」と考え、自殺未遂で留まることもあります。例えば、自殺願望が強くなり、無意識のうちに自殺しようとして、行為に及ぶ寸前、行為に及んだ際に、ハッとして意識が戻り、未遂で終わることもあります。

どちらにしても憑依が進行していて危険な状況であることは間違いありません。

次ページ【憑依への対応】の概要

次ページでは神仏の憑依に対して緩和として個人としてできる対応策の解説しております。

当方での対応策に関しましては、その概要を記載しております。当方では憑依体質改善に関して手法を確立しており絶対の自信を持っております。憑依体質改善の手技については、そちらのページもご参考下さい。

【憑依への対応】を閲覧する

【対面鑑定中止のお知らせ】

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、誠に勝手ながら対面鑑定を一時的に中止させていただきます。
対面鑑定とインターネット鑑定との鑑定結果に相違はございませんので、ネット鑑定をご検討下さい。

▼対面霊視鑑定ご依頼フォーム
対面霊視鑑定ご依頼フォーム

▼霊視鑑定ご依頼フォーム
霊視鑑定ご依頼フォーム

お問い合わせ先

TEL:022-349-8691
受付:AM10:00〜PM5:00
定休日:定休日:土・日・祝祭日

お問い合わせフォーム