憑依とうつ病について

気分の落ち込みや無気力、酷い場合は自殺願望等を抱くうつ病と霊体が魂の中に入りこむ憑依に関しての関係は今までの経験上、関連性があることがわかっています。

憑依とうつ病

霊の憑依に限らず、周囲に霊体が存在するなど、霊的影響を受けている場合は身体的な症状として、睡眠障害・疲労感・頭痛・体の痛み・めまい等が現れることが多いです。

また、精神面への影響については、憂鬱な気分が続いたり、気分の落ち込み・悲しみ・空虚感・不安感が引き起こされる場合があります。

問題となるのはうつ病に伴って自殺願望・希死念慮が出ている場合であり、重度の憑依の可能性があります。憑依している者と同じ世界に引きずり込もうと画策する霊体は多数存在します。

もしくは、憑依霊が自殺に失敗したと思い込んでおり、憑依して再度自殺を図ろうとしているケースも多数存在するのです。

うつ病から憑依へ発展するケース

うつ病の精神的器質が根底にあり、そこから憑依へ進展するケースです。統合失調症のそれと比較するとそれほど多いケースではありません。

うつ的な精神状態が霊感を上昇させる傾向があり、霊感上昇することで周囲の神仏の影響を受け易くなり心身面が更に悪化を繰り返すという負のスパイラルも関与しています。その結果、最終的に極端な感情のダウンが起こり、それが魂のブレを生じさせ魂に隙が生まれます。その隙間に霊体が憑依していきます。

憑依が伴ううつ病の場合、憑依された後は症状が加速進行するとともに、難治性と判断されることが多いです。憑依している霊体の影響は勿論、憑依により更なる霊感度の上昇が伴うことにより、周囲に存在する神仏からの影響を精神面で大きく受け易くなることが原因です。

元々の病的な症状はうつ病について【病態】にて詳しく記載しておりますが、脳内の神経伝達物質であるセロトニン・ノルアドレナリン等の感情や意欲に関与する物質が減少・枯渇することが原因です。その原因は疾患的には性格や考え方、生活環境によるストレスの影響が殆どではありますが、家系等に問題のある神仏が存在している場合は悪環境へ誘導する様な操作が行われているケースも実際に存在します。

憑依からうつ病と診断されるケース

根底に憑依体質が存在し、霊体の憑依が先であり、そこからうつ病に発展していくケースです。

憑依されている者をどうするのかは憑依している霊体の考え方次第となりますが、基本的にはその人や家族を陥れたり、自分と同じ世界へ引き込もうと考えている事が多いです。

憑依を起点として、憑依している霊体が対象者に対して本当のうつ病となる様に誘導していきます。また、憑依されるという事自体、霊感度の上昇を伴い、その結果、周囲の霊体の影響を大きく受ける様になり、更に精神不安定な状況を作りあげていきます。そういった要素が複雑に絡み合い、更なる精神不安定や感情の落ち込みなどを呈し、病態的にはうつ病と診断されることが多いです。

最悪の場合、憑依している霊体の狙いが対象者の自殺であることもあります。その場合、憑依霊はうつ的な症状を加速させ自殺へ誘導する様に仕向けていきます。

躁鬱病(双極性障害)と憑依

躁鬱病(双極性障害)とは躁状態とうつ状態の双方の病相を繰り返す疾患です。実はうつ病よりも躁鬱病の方が憑依されやすい精神状態をつくりあげます。

躁鬱病の極端な感情のアップダウンは魂に大きな隙間を形成する可能性が高く、霊体に憑依されやすい状態をつくりあげます。

また、実際に憑依が伴ってしまった場合は、憑依している・もしくは周囲に存在している神仏が交代する度に病態としての躁鬱病の影響も重なり、大きな感情の変化を伴うことが多いのです。

病気としての躁鬱病(双極性障害)→憑依→憑依との複合型へ発展するケースが多いです。

霊感体質とうつ病

霊感体質のみ関連しているケース

統合失調症と比較して、うつ病の場合は、霊的体質を含めた霊的問題が根底にあったとしても、憑依までは進展しておらず、霊感体質のみが関連しているケースが多く見られます。

何らかの理由で霊感度が上昇、もしくは強力な影響力を持つ神仏が本人の近くに存在しており、霊的な影響を受けることで憂鬱な状態が継続したり、感情の落ち込み・精神不安が引き起こされることがあります。

身体的にも疲労感・頭痛・体の痛み・めまい等が現れることがあるので、初期のうつ病における不定愁訴に酷似しているので一般の方には判断が難しい部分となります。霊感体質が根本的な原因であっても医療機関ではうつ病と診断される可能性が高いと思われます。

しかし、霊感体質→憑依体質への進展リスクも将来的には考えられますので、霊感体質の方は憑依にも注意が必要となります。

当方での霊感体質への対処

当方では約1~2年を霊感度を落としていく霊感体質改善手法を確立しています。

ご本人の霊感体質のみが影響している場合は改善は早いですが、ご本人の性格・考え方がうつ病に対して影響を与えている場合はご家族の協力によるメンタル面の強化、別途医療機関等でのカウンセリングをお願いする場合もございます。

また、因縁のある神仏が霊感上昇に影響を与えている場合は、まずそちらの問題を解決してから霊感度を低下させていきます。

詳しくは霊感体質改善の手技をご覧ください。

次ページ【うつ病について(病態)】の概要

次ページではうつ病を医学的側面より記載しております。うつ病の発症の原因、うつ病になりやすい人の性格的特徴、ならびにその身体症状の特徴、精神症状の特徴について説明しております。

自殺念慮についても憑依と絡めて記載しております。

また、現在使用される主要な薬剤の簡単な説明も記載しております。

【うつ病について(病態)】を閲覧する

【対面鑑定中止のお知らせ】

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、誠に勝手ながら対面鑑定を一時的に中止させていただきます。
対面鑑定とインターネット鑑定との鑑定結果に相違はございませんので、ネット鑑定をご検討下さい。

▼対面霊視鑑定ご依頼フォーム
対面霊視鑑定ご依頼フォーム

▼霊視鑑定ご依頼フォーム
霊視鑑定ご依頼フォーム

お問い合わせ先

TEL:022-349-8691
受付:AM10:00〜PM5:00
定休日:定休日:土・日・祝祭日

お問い合わせフォーム