統合失調症について(医学的解説)

こちらでは統合失調症という病気を医学的側面より説明いたします。あまりにも多岐にわたる症状が存在しますので、全てを記載するのは難しいですので、その概略を記載いたします。

統合失調症の好発年齢、発症率

発症の時期は10代後半~20代に多く、発症率は約100人に1人と珍しくはない疾患です。性別差は殆どありません。幼年期や老齢期の発症するケースもあります。

統合失調症の原因

現在、様々な仮説がありますが、一般的には何らかの原因で脳内のドパミンという神経伝達物質が過剰となり幻聴や幻覚、妄想といった陽性症状に関与していると考えられています。最近ではドパミンだけでなくセロトニン等、他の脳内神経伝達物質も多く関与している事が示唆されています。

実際に使用される薬剤も脳内神経伝達物質へ働きかけるものが多数存在し使用されています。

原因・発症のメカニズムについては未だに解明されておらず、研究がすすめられています。遺伝的要素は関連性が高い事が判明しています。

統合失調症の経過と予後

【1.前駆期】

統合失調症発症の初期段階であり、精神的に落ち着きがなくなったり、神経が過敏に感じたりします。不眠の症状がこの時期に現れやすいのが特徴です。

【2.急性期】

幻聴・幻覚・妄想状態など陽性症状といわれる病態を呈する症状が激しい期間です。思考の混乱、不安感、不眠症状も強く現れることが多いです。脳が激しく活動しすぎている状態です。

【3.消耗期】

陰性症状といわれる元気がなくなる期間です。具体的には眠気が強い・体がだるい・ひきこもり・意欲がない・やる気がでない・自信が持てない等と感じる事が多くなります。全体的に感情が平板化が引き起こされます。

急性期で脳を働かせすぎて消耗しきっている状態です。場合によっては数か月単位の休息が必要なこともあります。

【4.回復期】

消耗期を経て意欲の回復、行動の回復。周囲への関心が出てきます。精神的にゆとりが出てくる時期です。

■予後について

全体の三分の一の患者はほとんど後遺症を残さずに寛解します。三分の一が中等度以上の陰性症状や慢性の幻覚・妄想を残し、残りの三分の一が適応水準に若干問題を残して軽快します。

薬剤の継続投与が治療予後を良好にする事がわかっており、継続服用の重要性が指摘されていますが、本人の病識の欠如等もあり、薬剤を自己判断で中止し、入退院を繰り返してしまう方もいます。

使用される薬剤

【定型抗精神病薬:メジャートランキライザー】

昔からある薬であり、現在も幅広く使用されています。強力な精神安定作用を持っています。幻覚・幻聴等の陽性症状に対して効果を期待できますが陰性症状に対しての効果は薄いです。

神経伝達物質であるドパミンが刺激をするD2受容体という場所遮断する事により、過剰な神経伝達を抑制する事で症状を抑えます。

しかし、この系統の薬は副作用が出やすいのが問題となります。こわばり・ふるえ等のパーキンソン病様の副作用が発現する事があります。また、副交感神経に関連する影響による口の渇き、眠気などの副作用も出やすい薬です。

(代表的な薬剤名:コントミン・ウインタミン、レボトミン・ヒルナミン、PZC、セレネース など)

【非定型抗精神病薬】

最近、開発され研究が進んでいる薬剤です。定型抗精神病薬の問題点であった副作用面が大きく軽減されているものが多いです。

また、陽性症状だけでなく、陰性症状に効果を期待できるものも多く存在します。薬の働きとしては、ドパミンだけでなく、セロトニン・アドレナリン等の神経伝達物質に対しても働きかける事により効果を発揮します。

(代表的な薬剤名:リスパダール、セロクエル、ジプレキサ、ルーラン、エビリファイ など)

次ページ【憑依による統合失調症】の概要

次ページでは神仏の憑依による統合失調症様症状の特徴を記載しております。

病的な統合失調症と憑依によるものとの差異、幻聴・幻覚の特徴などを説明しております。また、憑依による症状に対しての薬剤効果の特徴などについても記載しております。

【憑依による統合失調症】を閲覧する

【対面鑑定中止のお知らせ】

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、誠に勝手ながら対面鑑定を一時的に中止させていただきます。
対面鑑定とインターネット鑑定との鑑定結果に相違はございませんので、ネット鑑定をご検討下さい。

▼対面霊視鑑定ご依頼フォーム
対面霊視鑑定ご依頼フォーム

▼霊視鑑定ご依頼フォーム
霊視鑑定ご依頼フォーム

お問い合わせ先

TEL:022-349-8691
受付:AM10:00〜PM5:00
定休日:定休日:土・日・祝祭日

お問い合わせフォーム