憑依への対応

個人として出来る対応

基本的に個人として出来る対応策は殆どありませんが、緩和するに過ぎない方法なら存在します。憑依の程度により、全く緩和されないこともありますのでご注意してください。また、全ての方に効果的とも限りません。

例えば、「般若心経を唱える」「体に塩をまく」などの方法がありますが、一時的に緩和されることはあっても、その場しのぎにしかならず、原因を突き止め解決しないことには、根本的な解決にはなりません。

また、中途半端にお祓い等をしますと、憑依している者の怒りを買うこともあり、逆に自ら傷口を広げてしまう事も多いのです。仮に一時的に緩和されても、完治していないため、再び憑依され、同じことの繰り返しになるのみならず、中途半端なお祓いをすればする程、憑依体質が悪化していくケースが多いのが現実です。

まずは、原因を解明し、適切な除霊・浄霊・祈祷などを行い、根本的な問題を解決し、さらに『再び』がないよう憑依体質を改善される事が必要なのです。

当方での対応

憑依の場合どのように対応すべきかですが、通常は除霊や浄霊を行っただけでは体質改善はできません。

例えで言いますと、煙草の箱から煙草を1本抜きますとそこに隙間ができます。憑依霊はそのような魂の隙間に入り込み憑依をします。憑依霊を取り除こうと除霊や浄霊を行ったとしても、煙草1本の隙間は空いたままの状態となるため、いくら御祓いなどをしても、一旦は楽になる場合もありますが、時間が経過すれば、また同じ憑依霊もしくは、異なる霊体に入り込まれ憑依される可能性が高いので、無意味な御祓いとなる事が殆どです。また、その行為が神仏を怒らせたり刺激を与える為、更なる状況悪化も懸念されます。

当方では、憑依体質改善のために特殊な方法で体質改善を行っております。ただ、その技法を使用する前に霊視鑑定にて詳しく原因を突き止め、どのような処理(お祓い等)が必要かを適切に判断させて頂いております。

御祓い等を行ったからといって全ての問題が解決されるわけではありません。適切な霊的な処理を全て終えてからが本当の意味での体質改善のはじまりとなります。

その後の霊的な処置等のサポートは可能ですが、ご本人様が『憑依体質を治したい』という意識を持たれ、ご協力を頂けないことには、全ての解決には至りません。

個人差はありますが、通常、3~4年程の時間をかけて確実に憑依体質を改善していきます。

御祓いや特殊技法を行った後からは安心して生活できる環境を作って行きますので霊的な問題は解決されます。しかし憑依される方で最も多いのは、精神的な問題が併発しているケースです。この場合は、霊体質改善と併用で精神面を強化する必要があります。

憑依でも様々なケースがありますので、それぞれその方にあったプログラムで対応させて頂いておりますが、専門的な処置(精神科など)が必要だと判断した場合は、当方のプログラム以外に専門施設での治療やカウンセリングをお願いする場合もございます。

詳しくは【憑依体質改善の手技】のページもご覧下さい。

次ページ【憑依と統合失調症について】の概要

次ページでは精神疾患の一つである統合失調症と憑依の関連性に関して説明をしております。

幻聴を主とする統合失調症と霊の憑依は関連性が高い事が今までの経験でわかっております。統合失調症から憑依へ発展するケースとその逆のケースに関しての説明を記載しております。また、憑依ではなく霊感体質が統合失調症様の症状を引き起こしているケースに関しても記載をしております。

【憑依と統合失調症について】を閲覧する

▼対面霊視鑑定ご依頼フォーム
対面霊視鑑定ご依頼フォーム

▼霊視鑑定ご依頼フォーム
霊視鑑定ご依頼フォーム

お問い合わせ先

TEL:022-349-8691
受付:AM10:00〜PM5:00
定休日:定休日:土・日・祝祭日

お問い合わせフォーム