憑依によるうつ病への対応

当方での対応

基本的には、憑依への対応の項目で説明した内容と同じ対応となります。

まず、初回には必ず霊視鑑定を受けていただいております。霊的背景も解明しないまま、やみくもに除霊・浄霊やご祈祷などを行うと、神仏の怒りを助長させることとなり更なる状況の悪化を招く可能性が高いからです。

うつ病の場合は憑依の有無だけではなく、本人の元々の霊感体質、病状による霊感度の上昇のみ関与している場合もあり、ご本人の性格・性質、病気としてのうつ病の進行度なども複雑に絡み合っているため、神仏の問題の解明は勿論のこと、全体像を霊視にて解明する必要があります。初回の霊視鑑定では、その辺りを深く調査します。

霊視鑑定での主要項目は以下となります。

  • ご本人の憑依の有無、憑依の進行度
  • ご本人の性格・性質の影響度
  • 病的なうつ病と憑依での影響の比率
  • 病的なうつ病の進行度と憑依との関連性
  • 病的なうつ病と霊感体質との関連性
  • 憑依の場合は憑依霊の調査
  • 憑依による霊感上昇度
  • 影響を与えている周囲の神仏の調査
  • 家系的な神仏問題の調査

原因・状況等を霊視鑑定で解明した後に、当方での手技が有効となるのかをお話し致します。

※病的なうつ病の比率が大きい場合などには、当方の手技の効果はあまり期待できない場合がございます。その際には霊視鑑定後でご説明させていただきます。その後は医療機関にてしっかりと治療・カウンセリングしていただくこともお勧めしております。

当方の手技が有効である場合、ご説明の上

  • 憑依霊の浄霊
  • 周囲の霊体の除霊・浄霊
  • 憑依体質の改善
  • 家系の神仏問題の解決
  • 霊感体質の改善(霊感体質が大きく関連している場合や霊感上昇が強い場合)

などの霊的処置を行わせていただきます。

うつ病の場合は、憑依体質や霊感体質が関連していても、憑依霊の残像などによる影響もあり、その時点でのご本人の精神状況が大きく影響している場合が多く、施術後の大きな変化は過大に期待はできませんが、徐々に回復していく方が多いです。

施術後も、物事の考え方・捉え方などご本人の性格・考え方が回復速度に大きな影響を与えていく場合が多いです。ご自身の本来持っている性格・性質に関しては霊視鑑定にて記載されておりますので、ご自分の性格をよく理解していただき、物事を前向きに考えられるよう、当方でも霊的サポートと同時にカウンセリングも行っていきます。

また薬を服用されている場合など、医療機関へ継続して行くことをお勧めすることもあります。その方の状態に合わせて、今後の方針を細やかに判断させて頂きます。

次ページ【憑依と解離性障害・多重人格について】の概要

次ページでは精神疾患の一つである解離性障害、特に一人に多数の人格を形成する解離性同一性障害・多重人格と憑依の関連性に関して説明をしております。

解離性同一性障害・多重人格と霊の憑依は関連性が非常に高い事が今までの経験でわかっております。解離性同一性障害・多重人格から憑依へ発展するケースとその逆のケースに関しての記載しておりますが、統合失調症やうつ病と比較すると憑依が先に起こっているというケースが殆どです。

また、霊感度との関連性についても説明しております。

【憑依と解離性障害・多重人格について】を閲覧する

▼対面霊視鑑定ご依頼フォーム
対面霊視鑑定ご依頼フォーム

▼霊視鑑定ご依頼フォーム
霊視鑑定ご依頼フォーム

お問い合わせ先

TEL:022-349-8691
受付:AM10:00〜PM5:00
定休日:定休日:土・日・祝祭日

お問い合わせフォーム